スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Gem New Bodyの組み立て方法1



2013年末のX-mas KItの販売の販売で未組み立てのドールが多く、
新しくなった間接の部分などすこし分かりづらいです

一回にまとめると長くなるので今日は手?の組み立てと
謎のパーツ;の使い方です(。。。。)

まずハンドパーツの組み立てです。
腕と写真のパーツ2つ、かんしをご用意ください。
かんしがなければ割り箸やペンなどでとめておきましょう。
IMG_0016.jpg

テンションゴムの先にわっかを作り
IMG_0017_20140422150540697.jpg

この;パーツをかけて
IMG_0018_20140422150542e44.jpg

Cの形のパーツを組み合わせ!
IMG_0019_20140422150543414.jpg

こうなります。
IMG_0020_201404221505454d7.jpg

パーツの磁石とハンドパーツの磁石部分をあわせてハンドパーツをつけます。
IMG_0021_20140422150618e06.jpg

腕と胴体の間のパーツはこんな感じです。
これでポージングがよくなります!
IMG_0024.jpg

また今回のキットはSカンも入ってないのですが、
IMG_0026.jpg

このバナナのようなパーツがSカンの役割を果たします。
IMG_0027.jpg

IMG_0028.jpg


ざっくり写真だけになりましたが、次回全体の組み立て方をやってみたいと思います!
しばらくお待ちくださいませ~~*
スポンサーサイト

Humpty-Dumptyの組み立て方法!

久しぶりすぎました;; 
これからはしばらく海外のイベントもありませんのでもっと頑張って行きたいと思います!



久しぶりの更新はHumpty-Dumptyの組み立て方法!

まずかんし、1mmテンションゴム(脚用&体;25cm、腕用が20cmくらいです。)、ゴム引き、または細いワイヤー(細めの紐でもオッケー)
ドールのパーツを用意します。
ちなみにHumpty-Dumptyの手足はTimpと同じですよ!

IMG_4501.jpg

テンションゴムを腕用で約20cmを用意して結びます。
IMG_4502.jpg

下半身;の腕の穴;に通して
IMG_4503.jpg

片方をかんしなどで固定、かんしがなければ
ボールペンとかで抜けないようにしてください。
IMG_4504.jpg

ゴム引きに腕を通して
IMG_4505.jpg

もう片方のテンションゴムの端にかけて通します。
IMG_4506.jpg

手用のSかんをかけて腕が完成!
IMG_4507.jpg

片方の同じ方法で
IMG_4508.jpg

脚も同じです。テンションゴム25cm
IMG_4509.jpg

Sかんが小さく、かけにくいです(....)
IMG_4510.jpg

脚のテンションゴムがゆるいですが、それは上半身;;;をかけるため!
IMG_4511.jpg


たまごの内側にこういうかけるとこがあります。
そこに見える穴のようなホームは磁石用の穴。 販売用には磁石をつけて発送のはず!
IMG_4512.jpg

腕と脚をつなげた下半身を用意して
IMG_4513.jpg

こんな感じにくっつけて
IMG_4514.jpg

テンションを伸ばす!
IMG_4515.jpg

かかった!
IMG_4517.jpg

Humpty-Dumptyさん、出来上がりです!
IMG_4518.jpg

ちょっと特殊なドールが多いため、組み立て方が色々あります!
また気になったこととかありましたらつイッターにてお願い致します!

* ヘッドの組み立て方法 *

SOOMではヘッドが二つ付くMDや、ヘッドが組み立てでなく組み立て済みボディ+ヘッドで発送されるiMda Dollなど、
ヘッドの組み立てが必要なドールが多いです!
そんな時に役立つ?ヘッドの繋ぎ方?;;を紹介いたします

本日のモデルは、Luckyです!
IMG_4271.jpg

まず、ヘッド、ボディとゴム引きを用意します。
ゴム引きななければ細くて丈夫な紐やリボンでもかまいません。
ここではゴム引きとリボンでのやり方を紹介します。
ではゴム引きでの方法から!
IMG_4273.jpg

ヘッドのくび穴にゴム引きを通してSカンがかかっていた折り目にかけます。
ここでテンションゴムをちゃんと掛けないとボディの組み立て直しになるかもです;;
IMG_4274.jpg

ヘッドの中を通ったら引っ張って
IMG_4275.jpg

Sカンをかけて
IMG_4277.jpg

ゴム引きを抜いたら完了!
IMG_4279.jpg


ではリボンや紐でのやり方です!

Sカンがかかっていたところにリボンを通します。
IMG_4280.jpg

リボンの先をヘッドのくび穴を通し引っ張ります。
IMG_4281.jpg

テンションゴムの折り目にSカンをかけます。
IMG_4282.jpg

リボンを抜いたら完成です!
IMG_4283.jpg

ではまたなにかありましたらリクエストしてください!

キメラパーツの取り替え方

最近の更新は写真が多めですね~
わかり辛いところありましたら遠慮なく言っていただければ!と思います

今日はキメラパーツの取り替え方です。

脚も、腕もやり方に変わりはないのでわかりやすい大きいパーツ、脚で撮ってみました!
今日のモデルはLittle GemのCheshire cat のボディです。

IMG_3162.jpg

通常MDドールの発送は人間ボディの状態です。
では人間ボディと取り替えたいパーツを準備。
かんしとゴム引きがあると便利です。
特にかんしは大きいSuper Gem サイズになると絶対というほど便利です。
7~8インチ以上のものが一つあると大きい子にも、小さい子にも使えていいかも!?
IMG_3164.jpg

まず取り替えたい分部をひっぱって取り替えたいパーツの上の部分をかんしで固定します。
ここでは膝の下を取り替えたいので膝の上から固定。
ちゃんと固定できたのであればパーツを外しましょう。
IMG_3165.jpg

IMG_3166.jpg

取り替えたいパーツをゴム引きに通します
IMG_3167.jpg

固定したテンションに引っ掛けてパーツにテンションを通します。
IMG_3168.jpg
IMG_3169.jpg

テンションの端にSかんをかけて足パーツをつなげてもよし、
IMG_3170.jpg

足パーツにSかんをかけてテンションにかけても良いです。
個人的にはかんしでまた固定して足にSカンをかけてからテンションにつなぐのがやりやすかったです。
IMG_3171_201311111349005d6.jpg

テンションがきつ過ぎるとパーツが壊れたり、取替え中に手をかんだりする恐れがありますので
気をつけてください!

アイの交換

アイの交換が怖くて出来ない、方法がよく分からないという意見がございましたので
写真を撮ってみました
他にももっといい方法があるとは思います。
モデルはTEENIE GEM ベイラーです。


先ず、交換するアイとパテを用意します。
SOOMのシリコンアイは軽いのでグラスアイのときよりパテが少なめでも大丈夫だと思います。
07812555677 010



ヘッドの蓋;;を外すとこんな感じ。まずはヘッドを本体から外します。
外さなくても大丈夫ですが、より安全な方法でいきます。
07812555677 002


1.Sカンを引っ張ってSカンをまわしてヘッドを外すか
2.ヘッドを持ち上げてForcepsでゴムを固定してヘッドを外す
どちらでもそのヘッドの特性に合った方法でヘッドを外してください。
07812555677 005

07812555677 006

07812555677 008

アイを取り外します。ヘッドの中に残ったパテは綺麗に取りましょう。
07812555677 009


パテを練ります。パテの種類によって練り具合?;は違います;;
07812555677 011

パテをアイにつけます。形は各ヘッドのアイホールに合わせてください。
07812555677 012


目線を好みで調節します。
07812555677 015


ヘッドと本体を合体します。
07812555677 017

Sカンをはめて
07812555677 020

引っ張ります。
07812555677 021

ホームに合わせて回します。
07812555677 022


こんな説明で大丈夫でしょうか
他にもやりやすい方法はいろいろあると思いますので
こんな方法もあるんだな~な気持ちでご参考していただけると助かります;;

あと、各メーカーによりヘッドの取り付け方や構成が違いますので
ご注意下さいませ。


続きを読む

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。